稲森が逆転優勝 ツアー通算2勝目 石川遼は3位 日本オープン最終R

2020/10/18 17:37 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年唯一の国内メジャー大会となった、男子ゴルフの日本オープン選手権は18日、千葉県野田市の紫カントリークラブすみれコースで最終ラウンドがあった。首位と1打差の2位で出た稲森佑貴が通算5アンダーの275で逆転優勝。ツアー通算2勝目を2018年大会に続いて日本オープンで挙げた。新型コロナウイルス対策の無観客開催などによる25%減額で、優勝賞金は3150万円。

 稲森は最終18番でバーディーを奪い、突き放した。1打差の2位は前日首位でツアー14勝の谷原秀人。65で回った石川遼とツアー未勝利の38歳、内藤寛太郎が3アンダーの3位に入った。前日の13番(パー4)で誤所からのパットがあり、2打罰の2アンダーからスタートした河本力(日体大)と、前日5位の杉原大河(東北福祉大)が2アンダーの5位でローアマを獲得。プロ初戦の金谷拓実は1アンダーの7位だった。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報