札幌山の手が3年連続19回目の優勝 全国高校ラグビー・南北海道

2020/10/18 13:08 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)の予選を兼ねた第73回北海道高校ラグビーフットボール南・北選手権大会は18日、帯広市の帯広の森球技場で決勝があった。南北海道大会は札幌山の手が47―3で函館ラサールを降し、3年連続19回目の優勝を決めた。

 札幌山の手は、南北海道大会の1回戦で前後半計9トライを挙げ、立命館慶祥に57―7で快勝。準決勝でも前後半9トライで小樽潮陵を57―3と降し、危なげない試合運びで勝ち上がった。

 決勝は強力FW陣を前面に試合を優位に運び、前後半で計7トライを挙げ、南北海道の頂点に立った。【三沢邦彦】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報