京セラ、1区で選手が倒れて途中棄権 プリンセス駅伝

2020/10/18 13:41 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第40回全日本実業団対抗女子駅伝(11月22日、宮城県)への出場を争う第6回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(福岡県宗像市・宗像ユリックス発着)で18日、選手がレース中に倒れて棄権となるアクシデントがあった。

 2区へたすきを渡す第1中継所の約50メートル手前で、京セラの岡田佳子選手が倒れて立ち上がることができず、途中棄権となった。大会関係者によると、脱水症状とみられ、大事を取って病院に搬送された。京セラは5年連続の全日本大会出場を目指していた。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報