広島・大瀬良が右肘手術 今季復帰は絶望的か これまで5勝4敗

2020/09/16 18:44 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球の広島は16日、大瀬良大地投手(29)が同日、群馬県館林市内の病院で右肘手術を受けたと発表した。手術名は「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘(こっきょく)切除・滑膜切除」。全治までの期間は明らかにされていないが、今季の復帰は絶望とみられる。

 2018年に最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した右腕で、今季は2年連続で開幕投手を務め、ここまで11試合に登板して5勝4敗。今月5日のDeNA戦で四回途中8失点で降板し、翌6日にコンディション不良を理由に今季2回目の出場選手登録抹消となっていた。【大東祐紀】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報