巨人・元木ヘッドコーチが虫垂炎で入院 阿部2軍監督が代行

2020/09/16 16:42 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球の巨人は16日、元木大介ヘッドコーチ(HC)が腹痛のため病院を受診し、虫垂炎と診断されたと発表した。同日中に東京都内の病院で手術を受け、入院することになった。元木HCが不在の間は、阿部慎之助2軍監督が1軍HC代行を務める。2軍監督は、村田修一2軍野手総合コーチが代行する。【角田直哉】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報