鹿児島マラソン実行委が中国の50人に参加自粛要請 北九州、熊本城マラソンに続き

2020/02/13 20:31 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型肺炎の感染拡大を受け、鹿児島市などで3月1日に開催される鹿児島マラソンの実行委員会は13日、中国からの参加予定者50人に参加自粛を要請すると発表した。九州では今月16日に北九州マラソン(北九州市)と熊本城マラソン(熊本市)が開催されるが、いずれも中国からの参加予定者に自粛を要請している。

 鹿児島マラソンの実行委は、参加を見合わせたランナーには次回大会の参加料を免除する。このほか、ランナーと沿道で応援する人たちとのハイタッチも自粛を求める方針。

 北九州マラソンの実行委は、中国籍の参加予定者7人に自粛を要請。13日夕までに5人が参加辞退を申し出た。他の1人は2019年9月から市内に在住しており、参加する意向。残る1人とは連絡が取れていない。

 熊本城マラソンの実行委も中国から参加予定の10人に参加自粛を要請。出場を見合わせたランナーには来年の大会に優先的に出場できるようにする。【菅野蘭、清水晃平、下原知広】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報