聖火リレールートに福島・双葉町を追加 避難指示、3月4日に一部解除

2020/02/13 17:17 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、五輪の聖火リレーのルートに東京電力福島第1原発事故による避難指示が3月4日に一部解除される福島県双葉町を追加すると発表した。聖火がJヴィレッジ(同県楢葉町、広野町)をスタートする3月26日に組み込まれる。

 組織委は、ルート案を作成する福島県実行委から1月に追加依頼を受け、「実施できる環境が整った」と判断した。大会関係者によると、3月に全面開通するJR常磐線の双葉駅周辺がルート候補に挙がっているという。

 福島県内のリレーは26~28日の3日間。東日本大震災による原発事故や津波の被害を受けた地域など計26市町村を巡り、聖火をつなぐ。【村上正】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報