レッズ秋山、アリゾナへ出発 「早く結果を出せるように」 米大リーグ

2020/02/13 00:12 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米大リーグ、レッズの秋山翔吾(31)が12日、チームがキャンプをする米国アリゾナ州へ出発した。成田空港で取材に応じた秋山は「期待と不安がある。すぐに実戦が始まるので早く結果を出せるようにやっていきたい」と決意を語った。キャンプは18日(日本時間19日)に始まる。

 入団記者会見後、古巣・西武の球団施設を中心にトレーニングを積んだ。レギュラー取りについて「(目標に)本塁打を何本とか、盗塁を何個とか数字を挙げられる選手じゃない。チームにとって必要だったから試合に出られたということが自分の価値。そのために使いたいと思われる取り組み、結果を求められていることを念頭にやりたい」と話した。

 11日に亡くなった野村克也さんにテレビ番組を通じて「ファンだ」と言われたことがある。秋山は「重みもあるし、ありがたい。メジャーで戦う姿を少しでも見てもらいたかった。野村さんの言葉を胸に頑張らないといけない」と思いを新たにした。【生野貴紀】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報