逸ノ城が休場 鶴竜戦で負傷「右肩関節脱臼」と診断

2019/09/12 10:52 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲秋場所5日目の12日、東前頭2枚目・逸ノ城(26)=湊部屋=が日本相撲協会に休場届を提出した。逸ノ城の休場は今年夏場所以来、2場所ぶり3回目。5日目の玉鷲戦は不戦敗となる。

 4日目の横綱・鶴竜に敗れた取組で負傷し、「右肩関節脱臼で約2週間の安静加療を要する」と診断された。師匠の湊親方(元前頭・湊富士)によると、再出場の予定はないという。

 今場所の十両以上の休場者は5人目となった。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報