原口 九回代打で意地の一発 がん乗り越え「恩返し」

2019/07/12 22:58 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○全パ6―3全セ●(12日・東京ドーム)

 全セの原口(阪神)が九回、意地の一発を放った。5点を追う九回、2死から高橋(中日)が中前打で出塁して、代打として打席に立った。相対するのは全パ・山本(オリックス)。カウント1―1からの3球目、真ん中付近の速球を完璧にとらえると、鋭い打球は左中間席へ吸い込まれた。大腸がんを乗り越えて、夢舞台に戻って来た原口。代打で名前がコールされただけで、球場は大歓声に包まれた。「いっぱい恩返しができるように、野球を楽しみたい」。その思いが、劇的な代打本塁打につながった。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報