初V狙う国枝が決勝へ 女子・上地は敗退 ウィンブルドン車いす

2019/07/12 21:31 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝で初優勝を狙う第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が3連覇を狙ったステファン・オルソン(スウェーデン)を4―6、6―2、6―3で降し、決勝に進んだ。国枝は勝てば4大大会全制覇となる。女子シングルス準決勝で第2シードの上地結衣(三井住友銀行)はアニク・ファンクート(オランダ)に3―6、4―6で敗れた。

 11日は1回戦があり、男子シングルスで国枝が2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダリストのゴードン・リード(英国)を6―1、6―1で破った。女子シングルスで上地はジョーダン・ホワイリー(英国)を6―4、6―1で降した。【ウィンブルドン新井隆一】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報