本気モードで2回無失点 パ先発・千賀、緩急自在

2019/07/12 22:08 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○全パ6―3全セ●(12日・東京ドーム)

 レギュラーシーズンと変わらない「本気モード」で抑えにいった。全パの先発・千賀(ソフトバンク)は変化球あり、クイック投法ありで、2回を被安打2、無失点に抑えた。

 先頭は対戦したい打者に挙げていた山田哲(ヤクルト)。1球目はスライダーから入った。2球目は直球。日本ハム時代の大谷(現大リーグ・エンゼルス)が2014年に出した球宴最速162キロの更新も期待されたが、155キロ。本調子でなくその後も最速は156キロにとどまり、山田哲には中越え三塁打を許した。

 「先制点(を与えるの)は嫌」と、なりふり構わずアウトを取りに行った。坂本勇(巨人)は「お化け」の異名を取るフォークで空振り三振。後続も変化球を駆使して料理した。

 二回も無死から安打を許したが、岡本(巨人)、村上(ヤクルト)をカットボールで空振り三振に仕留めるなどしてしのいだ。球宴には珍しいスター選手たちの「真剣勝負」をファンは堪能していた。【吉見裕都】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報