清水六回TKO負け 2冠逃す アジアパシフィック王座戦

2019/07/12 20:49 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界ボクシング機構(WBO)アジアパシフィックスーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦が12日、エディオンアリーナ大阪であり、同フェザー級11位の清水聡(33)=大橋=は同スーパーフェザー級王者のジョー・ノイナイ(23)=フィリピン=に六回2分18秒TKO負けした。東洋太平洋フェザー級王座との2冠を逃し、戦績は8勝(8KO)1敗となった。ノイナイは初防衛。

 サウスポー対決で清水は一回に相手の左ストレートで2度ダウン。右目が腫れた六回、戦意を失って顔をそむけ、左ストレートを浴びて倒れてレフェリーストップされた。

 2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダリストはまさかの敗戦に「思うように体が動かなかった。相手のパンチをもらいすぎた」。去就については「相談したい」と答えた。【大東祐紀】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報