鹿児島商、55対0で鹿児島修学館を破る 高校野球鹿児島大会

2019/07/12 18:23 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第101回全国高校野球選手権鹿児島大会の2回戦で、鹿児島商が鹿児島修学館を55―0の五回コールドで降した。鹿児島商はランニング本塁打4本を含む33安打の猛攻。一回に13安打を集めて25得点し、二回に12点、三回に4点、四回にも14点を追加して大会史上最多得点を記録した。

 鹿児島修学館は一回無死から救援した上野正太主将が4回を232球で投げ切った。同校は1983年創立の私学で野球部は2008年創部。今大会は選手10人で臨んでいた。【林壮一郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報