鹿島の安部、スペイン1部のバルセロナへ完全移籍 日本代表FW

2019/07/12 14:26 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーJ1鹿島は12日、日本代表FWで20歳の安部裕葵(ひろき)が、スペイン1部リーグの強豪、バルセロナへの完全移籍について合意したと発表した。鹿島によると、今後は現地でのメディカルチェックを経て正式契約する予定。クラブを通じて発表した安部のコメントは次の通り。

 高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。

 チームメート、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です。今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。

 これから直面するさまざまな困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報