サッカー殿堂入り 岡田武史、西野朗、佐々木則夫の3氏

2019/06/13 19:33 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サッカー協会は13日、元日本代表監督の岡田武史(62)、西野朗(64)両氏と、前女子日本代表監督の佐々木則夫氏(61)の日本サッカー殿堂入りを決めた。この日、東京都内で開いた理事会で承認された。

 岡田氏は1998年フランス大会で日本をワールドカップ(W杯)初出場に導き、2010年南アフリカ大会では16強に進出した。西野氏は96年アトランタ五輪でブラジルを破る「マイアミの奇跡」を起こし、昨年のW杯ロシア大会では16強。佐々木氏は11年女子W杯ドイツ大会で初優勝。12年ロンドン五輪、15年女子W杯カナダ大会ではともに2位になった。【福田智沙】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報