昨季の新人王・東が今季初勝利 「投げる試合は負けない」

2019/05/15 23:43 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○DeNA8―2中日●(15日・横浜)

 昨季の新人王左腕がようやく最初の一歩を踏み出した。左肘の違和感で出遅れていたDeNAの東が今季2度目の登板で初勝利。「正直ホッとしている」。自身にとっても、低迷するチームにとっても大きな1勝だ。

 制球はやや荒れたが、要所を締めて最少失点で踏ん張った。三回は1点を先取され、なおも2死二、三塁で中日のビシエドを内角直球で中飛。逆転した直後の五回2死三塁も大島を膝元の直球で一ゴロに仕留めた。6回を4安打1失点。ラミレス監督は「非常にいい投球をした」と目尻を下げた。

 今季初登板だった6日の巨人戦は制球に苦しみ3回8失点。「ふがいない投球をしてしまった」。投げ込みを増やし、下半身を意識しながらフォームを修正。待ち焦がれた白星につなげた。

 不在の間、チームは10連敗を喫した。1軍に戻り、東の言葉にも力がこもる。「1カ月遅れて帰ってきた分、投げる試合は負けないつもり」。巻き返しはここからだ。【細谷拓海】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報