田中と田口が前日計量パス ボクシングWBOフライ級タイトルマッチ

2019/03/15 21:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター)の調印式と前日計量が15日、名古屋市内で行われた。

 王者の田中恒成(畑中)と挑戦者で同級4位の田口良一(ワタナベ)は、いずれも1回で計量をクリア。初防衛を目指す田中、ライトフライ級から階級を上げての再起戦となる田口ともにリミットの50.8キロでパスした。

 2人が別団体のライトフライ級王者だった2017年末に統一戦が計画されたが、田中のけがで白紙となり、両者とも対戦を熱望してきた。田中は「こんな面白いカードでつまらない試合にするつもりはない」と意気込み、田口も「フライ級に上がって、こうして相まみえるのは運命を感じている」と話した。【梶原遊】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

注目の情報