愛知、宣言解除後は県独自で2週間の時短措置 大村知事が表明

2021/02/23 19:41 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を2月末で解除するよう政府に要請している愛知県の大村秀章知事は23日、宣言が要請通り解除された場合、飲食店などに営業時間短縮を求める県独自の措置を解除後2週間、実施すると明らかにした。ただし、現在午後8時としている営業終了時間は、同9時に緩和する。

 対象は県内全域のままとする。酒類を提供する店に限定するかどうかは、今後検討するという。

 大村知事は23日、西村康稔経済再生担当相と電話協議し、2月末での解除を改めて要請した。西村氏は「専門家の意見を聞き、適切に判断していきたい」と話したという。

 また大村知事は、県内の新規陽性者や重症者、入院患者の数が着実に減っている状況を報告し、解除後も県独自の措置を2週間続ける方針を伝えたという。これに対し、西村担当相から「全飲食店を対象にしてほしい」と求められたことを明かし、「自分も同じ考えだ。適切に対応したい」と述べた。【佐久間一輝】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報