三社祭、みこし担ぎ手なし 密避け「御用車」で巡行 「途切れさせない」心意気

2020/10/18 18:37 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの影響で開催が5月から延期されていた浅草神社(東京都台東区)の三社祭が、18日まで規模や日程を縮小して行われた。

 祭りは密を避けるため、3基ある宮みこしのうち1基だけが「御用車」のトラックに載せられ、太鼓やおはやしのトラックに先導されて巡行した。大きく様変わりした三社祭を一目見ようと、雷門などの巡行コースが多くの人でにぎわった。

 主催に携わった浅草神社奉賛会の飯島邦夫さん(58)は「三社祭は約700年の歴史ある祭事。コロナ禍をいかに克服して途切れさせないかを考えた。地元の人は皆喜んでくれたのではないか」と話した。【滝川大貴】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報