アスベスト訴訟で北九州市に賠償命令 福岡地裁、自治体の管理責任認める 全国で初

2020/09/16 20:12 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北九州市立総合体育館(八幡東区)で点検などの作業に当たり、肺がんを発症して死亡した男性(当時78歳)の遺族が、アスベスト(石綿)対策を怠ったのが原因だとして市と業務を請け負った勤務先のビルメンテナンス会社に計約3400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁(徳地淳裁判長)は16日、市と同社に計2580万円の支払いを命じた。

 弁護団によると、石綿が含まれる建物について自治体の管理責任を認めた判決は全国で初めてという。業務委託後も石綿被害防止の責任を求めた形で、自治体側に厳しい姿勢を示した。

 判決によると、北九州市の二見修夫(のぶたか)さんは「太平ビルサービス」の社員として1990年から体育館に勤務し、現場管理責任者として設備管理や点検などをしていた。体育館の建材には複数箇所で石綿が使われており、二見さんは2005年に肺がんの手術を受けた後に退職し、13年に死亡した。

 徳地裁判長は判決で「男性は石綿の粉じんを吸い込む危険性がある作業をしていた」として、肺がん発症は石綿を吸い込んだことによるものだと認定。手術で左肺を切除しており、死亡との因果関係も認めた。

 その上で男性が働き始めた90年の時点で石綿による健康被害の危険性は広く認識されていたと指摘。委託契約時に市は従業員が危険な場所に立ち入ることが想定できたにもかかわらず、「会社に注意喚起をし、防じんマスク着用の対策を講じる指導をしていたとは見いだせない」として市の管理責任を認めた。太平ビルサービスにも安全配慮義務違反があったとした。

 市は「内容を十分に検討した上で対応を考えたい」とし、太平ビルサービスは「判決文を読んでいないので現時点でコメントできない」とした。【宗岡敬介】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報