大阪府、飲食5000円以上で2000円還元 18日から追跡システム導入店

2020/09/16 19:56 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府は18日から、新型コロナウイルスで経営に影響を受けている飲食店を支援するため、4人以下で5000円以上の飲食に対し、1組2000円分のポイントを還元する事業を始める。8月に時短営業などを求めた大阪・ミナミの中心部については、大阪市が上乗せし、計4000円分のポイントを還元する。期間は12月末までで、ミナミ地区の上乗せは10月末まで。

 感染状況を通知する「大阪コロナ追跡システム」を導入するなど感染防止策を行う飲食店が対象。グルメサイトを通じて午後3時以降に4人以下で5000円以上のメニューを事前に予約すると、利用後にポイントが還元される。18日からは「一休.comレストラン」で実施。「食べログ」「ぐるなび」など計6社のサイトでも順次開始する。総事業費は約14億円。

 また追跡システムの普及のため、府は16日から新たに「大阪おおきにアプリ」の運用を始めた。システムを導入した店側と、メールアドレスを登録した利用者との間で、スマートフォンからのメニューのオーダーやキャッシュレス決済が可能になる。

 店の感染症対策の実施状況については、府職員が9月下旬から約2000店舗を見回る。吉村洋文知事は「飲食店の支援と見回りをしっかり行い、感染症対策をする実効性ある店を増やしていく」と述べた。【芝村侑美】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報