河井克行議員から現金受領 北広島町議会前議長が辞職 2019年参院選買収事件

2020/09/16 13:02 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年参院選の広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相の衆院議員、河井克行被告(57)=公職選挙法違反で公判中=から現金20万円を受け取ったと認めた広島県北広島町議会の宮本裕之前議長(61)が、16日付で議員辞職した。7日に提出された辞職願について、町議会が全会一致で同意した。現金受領を認めて辞職した県内の首長や地方議員は計8人となった。

 宮本氏は参院選公示前の19年3月、町内の自宅を訪れた克行議員が20万円の入った封筒を置いて帰り、その後返却したことを明らかにしていた。【小山美砂】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報