根室のはえ縄漁船 北方領土・国後島に連行か ロシア200カイリ内海域

2020/01/15 20:04 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北海道に入った連絡によると、15日午後4時ごろ、北海道根室市の歯舞漁協所属のタラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」(29トン)がロシア200カイリ内の海域でロシア当局の臨検を受け、国後島の古釜布(ふるかまっぷ)に連行された模様だ。

 道漁業管理課によると、同漁船の乗組員は6人。道は事実関係の確認を急いでいる。【真貝恒平】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報