重体の11歳女児が死亡 高槻水難事故、死者は3人に

2019/09/12 11:03 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府高槻市の芥川で川遊びをしていた小学生のきょうだい3人と祖父が溺れ、男児と祖父が死亡した事故で、意識不明の重体になっていた姉の小学6年、岸下海(きしした・うみ)さん(11)が12日、死亡した。この事故での死者は3人になった。

 府警高槻署によると、事故は今月7日に発生し、城津国清さん(73)=高槻市芝生町2=と、孫の小学2年、岸下太紀さん(7)=同府茨木市下穂積4=が死亡。小学4年の姉(9)も意識不明で搬送された。

 川には深さ約2メートルのくぼみがあり、4人はこのくぼみで溺れたとみられる。【伊藤遥、土田暁彦】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報