停電の千葉、癒やしの浴場無料開放 匝瑳・ふれあいセンター

2019/09/12 10:53 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 約6400戸で停電が続く千葉県匝瑳市では11日、市民ふれあいセンターの浴場が無料開放された。停電が解消するまで続けるという。

 センター内には男女別に各6人ほどが入れる浴室とシャワーなどを完備。通常の使用料は100円だが、停電で疲れた体と心を癒やしてもらおうと、市が無料にした。施設内の和室は避難所になっており、昼間の暑さを避けた市民が集った。

 入浴を終えた同市の主婦(68)は「エアコンも扇風機も使えず、夜も熟睡できずつらい。いつ復旧するのか不安で生きた心地がしないので、早く復旧してほしい。3日ぶりのお風呂は本当に助かった」と笑顔で話した。【近藤卓資】

 ◇館山のイオン再開

 また、約2万戸が停電する館山市では、コンビニエンスストアや商店のほとんどが休業する中、大型ショッピングモールのイオン館山店が10日午後に再開。市内の主婦(40)は「自宅は停電中。すぐに食べられるものと飲料水を買いに来た」と喜んだ。同店によると、11日は午前10時の開店と同時に600人が来店した。【中島章隆】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報