栃木のデーモンさん「ライブで献血しようぜ!」 23日にドラキュラフェス

2019/09/12 10:15 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みんなで献血しようぜ! ロックフェスと献血を組み合わせた「ドラキュラロックフェスタ」が23日、宇都宮市新里町丙の道の駅うつのみやろまんちっく村のローズハットで開かれる。2015年に始まったイベントで、今回で20回目。主催者のスペース・デーモンさん=栃木県壬生町=は「献血しながらロックを楽しんでほしい」とPRしている。

 バンドマンでもあるデーモンさんは、12年からアマチュアバンドのライブイベントを主催していた。15年に新イベントを始めることになり、知人に日本赤十字社の関係者がいたことから、ライブと献血を結びつけることを考案したという。

 イベントでは、日赤の協力を得て会場に献血バスが待機。来場者だけでなく、参加するバンドメンバーにも献血を呼びかけている。デーモンさんは「輸血して助かったという声を聞くと、うれしくなる。献血してくれる人を増やしていきたい」と語る。

 イベントでは音響にもこだわり、若者が音楽に触れるきっかけ作りという意味も込めて活動している。これまで県内の道の駅などで開催してきたが、県外からも開催依頼が来るようになった。広報活動などはロック歌手の「デーモン閣下」風のメークや衣装で行っている。

 23日は12バンドとチアダンスチームが出演。午前9時半から約8時間半にわたり、楽曲の演奏などをする。観覧無料。イベントの詳細はスマートフォンでQRコードを読み込めば確認できる。問い合わせは同フェスタ事務局の鈴木則昭さん(090・3043・5438)。【吉田貴】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報