かんぽ生命の不正販売問題、日本郵便が社員にネット投稿禁止 SNSで不満続々

2019/07/12 20:50 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かんぽ生命保険の不正販売問題に関連して、実際に同社の保険を販売する日本郵便は、社内情報をインターネットに投稿しないように全社員に周知した。これに対してネット上では、郵便局員を名乗る人物による危機管理の欠如や現場への責任転嫁を批判する投稿が相次いでいる。

 11日付で全社員に対して、SNSなどに社内情報の書き込みを禁止する通知を文書で出した。日本郵便によると、通知に関わるマニュアルの見直し作業は、不正販売の実態に関する報道が一部で相次いだ6月から準備していたという。

 ただ、SNSでは「何が『お客さま本位の営業』だ。何より先にまず自分本位のくせに」「基本的に社員のことは一切信用してない」といった経営陣の責任を問う投稿が噴出しており、歯止めが利かなくなっている。【加藤明子】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報