7pay不正使用 中国籍の女を窃盗容疑で逮捕 警視庁

2019/07/12 11:25 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」が不正使用された事件で、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日、東京都千代田区内のセブン―イレブン店舗で不正に電子たばこなどを購入したとして、中国籍で豊島区巣鴨5、専門学校生の女、ユー・ホイリン容疑者(21)を窃盗容疑で逮捕した。ユー容疑者はこの店舗のアルバイト店員で、客に販売したようによそおっていたという。

 一連の事件の逮捕者は3人目。逮捕容疑は4日午後10時~5日午前0時45分ごろ、千代田区内のセブン店舗で、セブンペイの正規利用者である都内の40代男性らになりすまして、電子たばこ5カートンと化粧品など計15点(約3万2000円相当)を盗んだとしている。容疑を認め、「宅配便で友人に送るつもりだった」と供述している。

 同隊によると、ユー容疑者は3日に中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」を通じ、中国人の友人から「お金をあげるから、セブンペイを使ってたばこを買うのを手伝って」と連絡を受け、IDやパスワードを知らされたという。

 1日からサービスが始まったセブンペイの不正使用事件では、新宿区内の店舗で電子たばこ20カートンの購入決済をしたとして、4日に中国籍の男2人が詐欺未遂容疑で逮捕されている。2人とも微信で中国名を名乗る指示役から仕事を依頼されていた。【佐久間一輝】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報