遊園地の新設滑り台で子ども15人けが 天井に頭打ち 奈良

2019/07/12 11:04 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 奈良県生駒市の生駒山上遊園地に新設された滑り台で今月、遊んでいた5~10歳の子ども15人が相次いで軽いけがをしていたことが12日、運営する近鉄への取材で明らかになった。遊園地はこの滑り台を当面、使用中止とする。

 近鉄によると、施設は今月13日にオープン予定の遊び場「プレイ ピーク イタダキ」にあるチューブ形の滑り台。6、7両日にプレオープンイベントに招かれていた子どもらが遊んでいたところ、頭を天井部分にぶつけるなどして軽いけがをした。スピードが出過ぎて、体が跳ね上がったことが原因とみられるという。

 また、8日には女性従業員が近くにある別の滑り台を試走した際、右足首を骨折した。近鉄広報部は「楽しんでいただくはずの遊園地にもかかわらず、お客様にけがをさせてしまいおわび申し上げます」とのコメントを発表した。事故があった滑り台以外は、13日に予定通りオープンする。【小宅洋介】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報