児童の胸ぐらつかみ「あほ」 50代教諭が体罰・暴言20件 熊本市

2019/07/12 10:20 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 熊本市立小の50代の男性教諭が児童の胸ぐらをつかんだり「役に立たない」と暴言を浴びせたりするなど、過去5年で少なくとも20件の体罰・暴言、不適切な指導をしていたことが市教委への取材で明らかになった。遠藤洋路(ひろみち)教育長は被害を訴えてきた保護者らに「追加調査して厳正に対処する」と教諭の処分を検討する考えを伝えた。

 市教委によると、教諭は昨年4月、入学式の準備中に私語をしていた児童の胸ぐらをつかんで教室に引っ張り込んだ他、別の児童らにも「役に立たない」「あほ」と暴言を繰り返すなどしたという。インフルエンザの児童を無理やり演奏会に参加させたこともあり、2014~18年度だけで体罰3件▽暴言3件▽不適切指導14件――の計20件を認定した。

 複数の保護者から被害の訴えを受けて調査してきた遠藤教育長は「あってはならないことで再発防止に努める」と陳謝。保護者代表の女性は「体罰の認定件数が思ったより少なかった。子供が安心して通える学校にしてほしい」と述べた。【城島勇人】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報