失神し、鼓膜も破れる 当初は「けがない」と説明 市尼崎高バレー部体罰

2019/05/15 21:17 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 兵庫県尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で4月、コーチの男性臨時講師(28)が3年生部員1人の顔を平手打ちする体罰をしていた問題で、市教育委員会は15日、部員が10回以上たたかれて一時意識を失い、顔面打撲や左耳の鼓膜が破れるなどのけがをしていたと発表した。体罰を公表した今月9日時点では「けがはない」としていた。学校側が事実を隠蔽(いんぺい)した可能性もあるとみて調べている。

 市教委によると、4月29日に同校体育館で練習中、コーチが3年生部員の顔を10回以上平手打ちし、部員は倒れて20~30分意識を失った。コーチは別棟にいた男性監督(51)を呼んだが、監督は意識があると判断して救急車を呼ばなかった。同日深夜、部員が「頭が痛い」などと訴え、保護者が救急車を呼び、病院で脳しんとうなどと診断された。

 体罰は今月7日に同校への匿名の電話があり発覚。教頭は、監督とコーチが提出したメモを基に報告書を作成したが、「鼓膜がやぶれていた。意識を失った」とのメモの記述を記載しなかった。校長はメモを見ず、報告書だけ読んで市教委に報告していたという。

 9日の公表後に「けがの診断書がある」との情報が寄せられ、市教委は10日にけがや失神の事実を把握した。【川畑さおり】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報