堺同居女性殺害 前日に女性暴行した殺人未遂容疑で男女を逮捕

2019/04/15 22:17 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同居する女性を殺害したとして、大阪府警は15日、堺市南区三原台3丁の会社員、上村栄生(ひでき)容疑者(57)を殺人の疑いで逮捕した。女性は事件前日、外出先の和歌山市内で別の男女に頭や顔を殴られて重傷を負っており、府警はこの男女も同日、殺人未遂容疑で逮捕。女性の身元の特定を急いでいる。

 上村容疑者の容疑は14日午前、自宅で口論になった50代の女性の首を電気コードで絞めるなどして殺害した、としている。上村容疑者が事件直後に府警南堺署に出向き、「人を殺した」と自首した。

 一方、殺人未遂容疑で逮捕された男女は、和歌山市善明寺の会社員、寄本一裕容疑者(52)ら。容疑は13日夜、和歌山市内の駐車場で、女性の頭や顔を特殊警棒で殴るなどして重傷を負わせたとしている。府警は寄本容疑者らの認否を明らかにしていない。

 府警捜査1課によると、女性と知り合いだった寄本容疑者らは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上の書き込みを巡り、以前から女性とトラブルになっていたという。府警が詳しい経緯を調べている。【伊藤遥、土田暁彦、柴山雄太】

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報