悠仁さまが小学校を卒業 秋篠宮ご夫妻の長男

2019/03/15 17:35 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁(ひさひと)さまは15日、お茶の水女子大付属小(東京都文京区)を卒業された。4月に同付属中に入学する。

 悠仁さまは大学講堂であった卒業式で、ご夫妻が見守るなか「秋篠宮悠仁」と呼ばれると、大きな声で「はい」と返事し、卒業証書を受け取った。報道陣からの祝福に「ありがとうございます」と笑顔で会釈した。

 宮内庁によると、悠仁さまは昨年の夏休みに火山や地震、防災などの施設を訪ね、経験を学校で発表した。「12年後のわたし」を紙粘土で表現する課題には、トンボが生息する里山を調査する情景を作った。戦争や平和について学ぶため、1年生だった2013年に沖縄県糸満市の平和祈念公園をご家族で訪ね、16年は長崎市、昨年は広島市で被爆者の話を聞いた。

 悠仁さまは卒業文集で「これからも自分が興味を持っていることを大事にしながら、過ごしていきたいと思っています」とつづった。

 5月の代替わりに伴い、悠仁さまの皇位継承順位は秋篠宮さまに次ぐ2位となる。【稲垣衆史】

 ◇秋篠宮ご夫妻「親子ともども楽しむことができました」

 秋篠宮ご夫妻の感想 小学校の6年間、良き友人たちや教職員の方々にも恵まれて、楽しくそして充実した学校生活を送ったように思います。私たちも機会があるごとに学校の行事に参加いたしましたが、そのような機会を親子ともども楽しむことができました。

毎日新聞

社会

社会一覧>

注目の情報