ららぽーと沼津&個人店タッグ 地元飲食店巡るスタンプラリー

2020/10/18 19:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 沼津市の愛鷹ローカルマーケット実行委員会(三沢和也代表)は11月15日まで、愛鷹地区の飲食店を巡る「ローカルスタンプラリー」を行っている。地元のららぽーと沼津がカードを配布したり、景品交換の会場を提供したりと協力した。大型商業施設と個人店がタッグを組み、愛鷹地区を盛り上げる。
 スタンプラリーには、ラーメン店や菓子店、中華料理店など10店舗が参加した。スタンプカードを提示すると、商品の割引やプレゼントなどのサービスを受けられる。3個集めると、ららぽーと沼津内の沼津コートでルーレットに挑戦でき、ローカルグッズや地元店舗で使える割引券が当たる。カードは、沼津コートや参加店舗で入手できる。同施設で販売したプレミアム商品券にも同封した。
 同実行委は毎年、地元店舗が商品を販売するローカルマーケットを開いている。今年はららぽーと沼津で開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止になった。そこで、10月の同施設開店1周年を機に、人を集めない形でのイベントを企画した。三沢代表は「地元店とららぽーとを行き来するきっかけになればうれしい」と話した。
 参加店は次の通り。
 まるも茶店、花野子、菓南、せと、空海、くいもんや房,s、またぎ、トレントサンク、武井牧場、Bakery25
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報