プロ楽団から指揮学ぶ 浜松、吹奏楽部顧問ら参加

2020/10/17 16:30 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 浜松市在住、出身の若手音楽家でつくるプロ楽団「フィルハーモニックウインズ浜松」は15、16の両日、吹奏楽部顧問らが対象の指揮法講座を中区の浜松修学舎中・高で開いた。17日のコンサートに合わせた企画で、参加者のうち優秀者がコンサートで同楽団を指揮する。
 2日間で、県西部の中学・高校の吹奏楽部顧問と市民楽団の指揮者6人が参加し、同楽団の21人を前にタクトを振った。
 これを踏まえ、常葉大短期大学部非常勤講師の野津如弘さんが指揮棒の持ち方や姿勢、技術面のアドバイスを送った。
 部活動の発展に役立てようと、指導の様子は浜松修学舎高吹奏楽部の部員も見守った。生徒による投票と同楽団員の採点で選ばれた3人が、17日にアクトシティ浜松(中区)で開かれるコンサートに出演する。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報