浜松移住の女優熊谷真実さん「もう最高」 市長「ぜひ、大使に」

2020/10/17 08:44 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに東京都内から浜松市に移住した女優熊谷真実さん(60)と、夫で同市中区出身の書道家中沢希水さん(42)が16日、市役所に鈴木康友市長を訪ね、移住した経緯などを語った。
 中沢さんは2016年から市の魅力を国内外に発信する「浜松市やらまいか大使」を務める。熊谷さんはコロナの影響で舞台の仕事が一時的になくなり、住環境を変えて気持ちを入れ替えようと、中沢さんと共に8月、中区に転居したという。
 浜松の印象を問われた熊谷さんは「もう最高。住みやすく、食べ物はおいしい。景色も空気もいいし、人は優しい」と語った。生活の変化について「今までは仕事中心だったが、生活を楽しむ方に少しシフトできている」と満足感を示した。
 今後は動画投稿サイト「ユーチューブ」で浜松の魅力を紹介したり、自分が食べる野菜を自分で育てるといった活動に取り組んだりすると語った。鈴木市長は「ぜひ、やらまいか大使をお願いしたい。夫婦での大使は初めてなので」と就任を依頼した。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報