しずおか和牛 枝肉共励会、最優秀に関さん(浜松)

2020/09/16 12:10 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 生産者団体と県で組織する静岡県産牛肉普及推進協議会は14日、新ブランド「しずおか和牛」の枝肉共励会を浜松市東区の市食肉地方卸売市場で開いた。最優秀の県知事賞には関伸二郎さん(同市北区)が選ばれた。
 肥育技術の向上が目的で4回目。畜産農家が丹精を込めて育てた出荷月齢26カ月以上の23頭が出品され、外部審査員が肉付きや肉質、脂肪の柔らかさなどを採点した。優秀賞は遠山畜産(掛川市)、すずき牧場(御前崎市)、水野正英さん(湖西市)に決まった。
 しずおか和牛は2017年に誕生した県産黒毛和牛のブランドで、肉質は柔らかく上品な味が特徴。19年度には県内和牛出荷頭数の約3割に当たる1176頭がしずおか和牛に認定された。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報