インラインスケート国際動画競技会 橋本(静岡豊田中)準優勝

2020/09/16 10:04 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 都市型スポーツの国際総合大会「FISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)」の動画コンテストでインラインスケート・パーク競技アマチュア女子の橋本汐乃(静岡豊田中)が14日、準優勝した。
 橋本は「レベルが上がっていたので2位はうれしかったが、優勝できなかった悔しさもある」と語った。
 同競技はジャンプの高さや形などで難易度、完成度を競う。13歳の橋本は世界各国から19人が出場した予選で優勝した米国選手に次いで2位につけ、決勝に進出。予選上位4人で争った決勝は、演技を1分間にまとめた各自の動画を、視聴者によるオンラインでの投票と主催者の判定で順位を決めた。
 橋本は予選より技の難易度を上げて決勝に臨んだ。
 「まだできないことの方が多い。もっと技術を磨いて難しい技にも挑戦したい」と今後開かれる見通しの国内大会への意気込みを語った。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報