静岡県内7月1日にかけて大雨の恐れ 気象台、警戒を呼び掛け

2020/06/30 13:58 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 静岡地方気象台は30日午前、県内では7月1日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴う激しい雨が降る恐れがあると発表した。局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になる所もある見通し。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などへの注意や警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、30日から1日にかけて予想される県内の降水量は多い所で1時間70ミリ。1日正午までの24時間では多い所で400ミリ。2日正午までの48時間では多い所で400〜550ミリに達する見込み。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報