酒気帯び逮捕、実は県東部の非常勤講師 当初「無職」も小中勤務

2020/02/15 07:38 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 静岡県教委は14日、県東部の小学校と中学校に勤務する非常勤講師(56)が道交法違反の疑いで大仁署に現行犯逮捕されたと発表した。県教委によると、伊豆市内の市道を11日に酒気帯び運転をし、駐車中の乗用車に衝突する物損事故を起こして逮捕された。
 非常勤講師の職業は警察の同日の発表では本人の供述に基づき「無職」とされたが、勤務先の学校関係者が新聞掲載された内容を見て県教委に指摘し、県教委が14日に本人確認して非常勤講師だったことが発覚した。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報