静岡・葵区役所に新窓口 住民異動、国保に対応 移動の手間軽減

2020/02/14 19:58 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 静岡市葵区役所はこのほど、転入などの住民異動の窓口と国民健康保険窓口の間に新たな窓口を設置した。住民異動と国保、両方の手続きが必要な来庁者が利用できる。来庁者が両課を移動する手間の軽減につなげることで、市民サービスの向上を目指す。
 同区役所ではこれまで、両窓口での手続きが必要な来庁者は、両窓口間を移動し、同じ説明をする必要があった。両課以外にも複数課での手続きがある来庁者の負担を減らすため、専用のファイルを作成し、各課の職員が来庁者の用件をすぐ把握できる環境をつくった。
 市内各区役所では死亡や年金関連などの窓口を職員が案内するなどの「おくやみ窓口」が好評を得ている。同窓口を参考に、同区役所はさらなるサービス向上を目指し、新窓口の設置に乗り出した。保健年金課の青木陽一郎課長は「今後はライフイベントに合わせた窓口の設置の検討も考えたい」と話した。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報