東京五輪パラ自転車競技、効果的誘客は… 伊豆で地域別説明会

2020/02/14 13:50 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪・パラリンピック自転車競技の静岡県内開催に向け、県は13日、観光関係者らに効果的な誘客などを解説する地域別説明会を伊豆市の修善寺総合会館で開いた。3月まで県内4カ所で開催する。
 伊豆地域の観光関係者や宿泊施設関係者ら約50人が出席した。県観光交流局の杉本達男局長は昨年県内でも開催されたラグビーワールドカップを事例に挙げて受け入れ体制などを紹介。観戦客らの滞在日数が少ない点などから誘客面での準備不足や多言語対応の課題を指摘し、「(五輪・パラリンピックに向けて)観光商品づくりに力を入れる。メディアも活用し、それぞれの魅力を発信して」と呼び掛けた。
 大会組織委員会や日本政府観光局、県観光協会の担当者らは、大会後も誘客を継続する重要性やプロモーションの注意点などを説明した。
 説明会は3月に沼津、静岡、浜松の3市でも開催する。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報