韮山反射炉をブルーに 世界糖尿病デーPRへ夜間照明

2019/11/09 09:07 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 14日の世界糖尿病デーに合わせ、伊豆の国市は8日、世界遺産・韮山反射炉を世界糖尿病デーのシンボルカラーに染める「ブルーライトアップ」を始めた。14日まで。
 市民の糖尿病への関心を高めるのが目的。同市は静岡県内でも糖尿病有病者が男女とも多い傾向にある。市民に自身の生活習慣を振り返ってもらい、さらなる健康増進を促す。
 ライトアップは午後5〜9時。閉館時間のため、敷地外から観賞する。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報