富士山ケーキで表現 熱海のホテル、静岡県産の茶やミカン使用

2019/11/09 09:08 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 熱海市のホテルミクラスはこのほど、クリスマス向けに富士山をモチーフにした特製ケーキを考案した。材料として静岡県産の茶やミカンも使い、静岡の魅力を表現した。
 ケーキは底部の縦横と高さが各25センチ。土台のスポンジに緑茶や抹茶を練り込み、山の裾野部分にはミカンの実をあしらっている。山体部分は約50個のミニシュークリームとメレンゲで形を整え、色づけした生クリームを塗って青い山肌を仕上げた。一つ作るのに4〜5時間かかるという。
 ホテルのパティシエ福岡嗣人さんは「家族や友人とにぎやかに食べていただければうれしい」と話している。
 価格は1万2千円(税込み)。予約制で10個限定。受け渡しは12月22〜25日。
 問い合わせはホテルミクラス<電0557(86)1111>へ。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報