来夏見据え発信強化誓う 富士宮・浅間大社で閉山祭

2019/09/12 08:10 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 富士宮市の世界遺産富士山構成資産・富士山本宮浅間大社で11日、前日に夏山シーズンを終えた富士山の閉山祭が営まれた。2カ月間にわたる開山期の安全無事に感謝をささげた。
 関係者約60人が拝殿で神事に臨み、おはらいや玉串の奉てんなどを行った。同市観光協会の小川登志子会長は「7月は雨が多かったが、8月は天気にも恵まれて多くの登山者が来てくれた」と振り返り、「東京五輪・パラリンピックに向けたおもてなしの向上、情報発信を進めている」と来夏を見据えた。
 富士山は10日に冬季閉鎖され、山頂に続く登山道が全面通行止めとなった。宝永火口に続く富士宮口の5合目から6合目は現在も通行が可能で、例年11月10日ごろに閉じる。今後の時期は紅葉をめでながらトレッキングを楽しめる。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報