全国高校野球静岡大会、13日再開 1回戦23試合

2019/07/12 08:08 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第101回全国高校野球選手権静岡大会は13日、再開する。第2日の13日は1回戦23試合、14日は1回戦の残り23試合が草薙など10球場で行われる。15日は2回戦に入り、シード校が登場する。
 第2日の注目は清水桜が丘−磐田南。桜が丘は昨秋県2位で東海大会に出場した実績と経験があり、磐田南も今春の西部地区大会で私学の強豪、浜松開誠館を破っている。勝者が2回戦で第4シード浜松工とぶつかる。
 今春の県大会に初出場して勢いがある磐田農は昨夏8強の静岡市立に挑む。科学技術−三島北も好勝負が期待される。科学技術は昨夏、静清、静岡市立と好勝負を演じていて、三島北も今春の県大会で駿河総合を撃破している。10年ぶりにノーシードで臨む静岡や、夏初の連合チーム佐久間・遠江総合の戦いぶりも注目される。
 第3日の好カードは静岡学園−知徳。左の好投手2人がいる静岡学園と、最速147キロの右腕栗田を擁する知徳との投手戦が予想される。今春の県大会で初勝利を挙げた城南静岡と昨秋県8強の清水東、昨夏4強の掛川西と今春県大会出場の天竜も力のあるチーム同士の対決だ。
 大会屈指の右腕石田(静清)と、182センチの大型右腕大野(富士宮東)の対戦も楽しみ。高校日本代表候補の紅林を擁する駿河総合、昨秋の県大会覇者の御殿場西、昨夏準優勝の島田商なども初戦に臨む。

 ■13日の試合(1回戦)
 ▽あしたか球場
 誠恵 ― 伊東
 星陵 ― 袋井商
 沼津商 ― 磐田東
 ▽裾野球場
 沼津工 ― 富士宮西
 下田南伊豆 ― 島田
 ▽富士球場
 伊東商 ― 吉原
 新居 ― 伊豆中央
 ▽清水庵原球場
 静岡 ― 清水西
 磐田北 ― 田方農
 浜名 ― 沼津高専
 ▽草薙球場
 静岡北 ― 静岡西
 科学技術 ― 三島北
 ▽焼津球場
 藤枝西 ― 静岡東
 藤枝東 ― 浜松大平台
 ▽島田球場
 韮山 ― 島田工
 富士東 ― 佐久間・遠江総合
 ▽掛川球場
 清水桜が丘 ― 磐田南
 磐田農 ― 静岡市立
 ▽浜岡球場
 小笠 ― 榛原
 横須賀 ― 浜松江之島
 ▽浜松球場
 浜松市立 ― 浜松東
 浜松北 ― 磐田西
 浜松日体 ― 川根

 3試合の球場は9時、2試合の球場は10時試合開始
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報