厳選9種の体験 「浜名湖おんぱく」15日から受け付け 湖西

2019/07/11 08:32 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 湖西市の自然や文化の魅力を市内外の人に体験してもらう「浜名湖おんぱく2019」(静岡新聞社・静岡放送後援)が8月3日〜12日、市内各地で行われる。市民らが9種類の体験プログラムを企画し、開催に向けて準備を進めている。
 2015年から始まり6回目となる今回は、浜名湖ならではのプログラムなどを厳選して実施。つかみ取りした浜名湖の魚を調理する体験や、浜名湖上で手作りの段ボールボートをこぐ体験を用意した。世界的造園家の中根金作(1917〜95年)が手掛けた旧新居町に残る庭園の見学ツアーもある。本年度は10月から地域活性化に取り組む人材育成講座「湖西未来カレッジ」も開く予定。
 おんぱくは「温故知新博覧会」の略称。一般市民や商店主らが各プログラムの主催者になり、自分の趣味や仕事など得意な分野を紹介する。
 参加申し込みの受け付けは7月15日から。各プログラムの実施日や申込先は公式ホームページに掲載。「浜名湖おんぱく」で検索する。
 問い合わせは午前9時〜午後6時に実行委員会事務局<電080(9111)5811>へ。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報