水槽展示館一新 伊豆の多様な海を再現 下田海中水族館

2019/07/11 08:45 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 下田市三丁目の下田海中水族館は水槽展示館を改装し12日、「伊豆の海の生物館『うみめぐり』」としてリニューアルオープンする。東伊豆、西伊豆、南伊豆とエリアによって違った顔を見せる伊豆の海を再現し、約200種、1500匹を展示する。
 「うみめぐり」はこれまでの水槽展示館「シーパレス」を改装した。カジメなど海藻の宝庫の東伊豆、ミドリイシなどのサンゴが生息する西伊豆、キンメダイなどがすむ深海をテーマにした南伊豆の大きく三つに分けて、それぞれの海域で見られる多様な海洋生物を飼育している。
 イサキやイセエビが泳ぐ水槽では、定置網漁業や刺し網漁を解説するコーナーも設けられ、伊豆の漁業についても学べる。
 担当者は「ライティングにも工夫を凝らした。幻想的な空間を楽しんでいただきたい」と話した。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報