しらす祭り中止に 5年連続、不漁続き 富士

2019/05/16 07:37 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 富士市の田子の浦漁協などで組織する「田子の浦漁協しらす祭り」の実行委員会は15日、6月16日に開催を予定していた祭りの中止を決めた。祭りの中止は2015年以降、5年連続。
 しらす祭りは、田子の浦港で水揚げした新鮮なシラスの丼などを安価で提供し、地元住民を中心に人気を集める一大イベント。例年は9月に開催していたが、夏季の不漁が続いたため、18年からは比較的水揚げが多かった春に開催日を前倒しした経緯がある。
 同漁協によると、3月21日の今季の初漁では約3トンが水揚げされ、初日としては近年にない豊漁を記録したが、徐々に漁獲量が減少し、生シラスの直売もほぼ休止していた。5月の大型連休前からは不漁が続き、出漁できない日もあるという。実行委はイベント用のシラスが確保できないと判断し、チラシやポスターなどの準備を前に中止を決めたとみられる。
 人気の漁協食堂は当面営業を継続する。
 同港のシラスは「田子の浦しらす」として、農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録されている。
静岡新聞

静岡ニュース

静岡ニュース一覧>

注目の情報